とりあえず予約!来店のみ予約する
/

オンライン体験可

誰でも簡単!シーサーの作り方

粘土でオリジナルのシーサ―を作ってみよう!
100円ショップに売っている紙粘土でも挑戦できますよ♪
ちゅらうみ家オンラインショップで、シーサー作りキットの販売も行っています。

料金:4,000円

ご購入はこちら

【シーサー手作りキット】オンラインで販売中!

ちゅらうみ家のたのシーサ―は、漆喰シーサ―と違い、独特なニオイもなく、手がかぶれる心配もありません!

うまく作ろうとしなくて大丈夫。シーサ―は、多少ブサイクなくらいが味があっていいのです♪

【手作りキットの内容】
・粘土(シーサー2体分)、ヘラ(1本)、竹串(1本)、シーサ―ディスプレイ台

【送料について】
・全国一律1,500円。
・20,000円以上お買い物した方は送料無料。

※「もう少し大きなシーサ―が作りたい!」という方は、土のみ追加も可能なので、お電話にてご相談ください。

作り方

◆制作時間(目安):約60分~

◆用意するもの
◎粘土(約100g×2)※手乗りサイズの目安です
◎ヘラ1本
◎竹串
・水
・筆(あると便利です)
・粘土をこねる為の下敷き(段ボールや牛乳パックで代用可)※新聞紙などの薄い紙は破れてしまうので、使わないでください。
・ふきん(古いタオルや、雑巾、ビニール袋でも可)

※「◎」は、キット内容に含まれています。

シーサーつくりに必要な道具

手順1.粘土を3等分にする

・作り始める前に、ふきんを水で濡らして、固くしぼっておきましょう。

・粘土を3等分にして、胴体、頭、パーツ(目、鼻、耳、しっぽなど)を作る用に分けておきます。

・3等分にした粘土を手早く丸めて、2つは濡れたふきんの中にしまっておきます。(乾燥を防ぐため)

まずは、胴体部分から作ります。

手順2.シーサーの胴体部分を作る(1)

・粘土を2等分にして、長さの違う棒を2本作ります。

・2枚目の写真のように、棒をクルっと折り曲げて、前足と後ろ足を作ります。

手順3.シーサーの胴体部分を作る(2)

・折り曲げた胴体部分を、ヘラを使って粘土を伸ばしながら接合します。

※土が乾いて固くなっている場合は、ほんの少しだけ水で濡らすと柔らかくなって接合しやすくなります。

・接合部分の境目が分からなくなるように、しっかりくっつけましょう。(2枚目の写真参照)

※パーツ同士がしっかりくっついていないと、乾燥後に取れてしまうことがあるので注意してください。

手順4.シーサーの頭を作る

次に、シーサーの頭部分を作ります。

・ふきんの中にしまってあった粘土を1つ取り出して、ハンバーグを作るときのように平たく伸ばします。

・お好みで、パーツを作る用の粘土を使って、キバや舌を作るのもOKです!

・口を開いているシーサーはオス、閉じているシーサーはメスです。お好みで口の開き具合を調整してください。

手順5.目、耳、鼻、たてがみなど、パーツを作る

各パーツは、最終的に頭にのせるので、大きさに気を付けましょう!

目、耳、鼻、たてがみ、しっぽなど、シーサーのパーツ部分を作ります。

・形ができたら、2枚目の写真のように、お好みで模様をつけてください。

手順6.作ったパーツを接合していく

・顔のセンターがずれないよう、最初にを付けてから、たてがみの順番でヘラを使って接合していきます。

・頭にパーツをすべて付け終わったら、頭と胴体部分を接合して、最後にしっぽをつけます。

※粘土が乾いてつきにくい場合は、少し水で濡らすと柔らかくなって接合しやすくなります。

・接合部分の境目が見えなくなるように、しっかりくっつけましょう。

手順7.全体に模様を付ける

・竹串を使って鼻の穴を開けたり、目を開けたり、胴体部分に柄を入れるなど、お好みで模様をつけましょう。

 

手順8.パーツの接着を確認したら完成!

パーツがしっかりと付いているか確認します。

グラグラしている部分があれば、この段階で補強しておきましょう。

1~2日、そのまま乾燥させたら完成です!

ご購入はこちら

オンライン体験

8名以上のグループでご購入のお客様には、オンライン体験も受付中です!

沖縄県外からでも大丈夫!スタッフがオンラインで丁寧に作り方をお教えします。

※オンライン体験のご予約は、お問い合わせフォームより「オンライン体験の予約」をお選びください。※開催日時はご予約フォームの詳細欄にて希望日をご記入ください。
スタッフがスケジュールを確認しご連絡いたします。

オンライン体験を予約する