とりあえず予約!来店のみ予約する

2024.01.11

ブログ

雨の日に観光するならココ!那覇エリアで遊べるスポット9選

那覇の雨の日観光

沖縄には雨の日も楽しみ尽くせる魅力的なスポットがたくさんあります。

今回は、那覇エリアで雨の日におすすめの観光スポットを厳選。アート、歴史、グルメなど、さまざまなジャンルで楽しめる9ヶ所をご紹介します。傘をさして、心地よい雨の音をBGMに那覇の魅力を探索しましょう!


広い店内でのんびり手作り体験「工房ちゅらうみ家」

お客様が制作した作品

国際通りから徒歩約3分。平和通り商店街のなかにある工房ちゅらうみ家は、シーサー作り絵付けなどの体験ができるお店です。

シーサー作り以外にも、美ら海(ちゅらうみ)キャンドル作り、サンゴランプ作り、紅型染めなどさまざまな手づくり体験を楽しめます。

事前予約をすると特典を受けられますが、予約なしで来店しても体験できるので気軽にお立ち寄りください♪

店名工房ちゅらうみ家(コウボウチュラウミヤ)
住所〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目2-45(平和通り商店街内)
電話番号098-861-0008
営業時間10:00~19:00(最終受付け時間あり)
定休日年中無休
アクセスゆいレール「牧志駅」「美栄橋駅」から徒歩約8分。
平和通り商店街に入り、花笠食堂を通りすぎて左手側にあります。


アーケード街だから傘なしで歩ける「平和通り商店街」

平和通り商店街

平和通り商店街は、国際通りから1本入ったところにあるアーケード街です。

昔ながらのお店と新しいお店が隣り合う商店街で、観光だけでなく地元の人たちも多く利用しています。

日本一短い商店街『八軒通り』があったり、他の商店街へ繋がる道があったりするので、筋道散策してみるのも面白いと思います。

先に紹介している工房ちゅらうみ家でシーサーを作ってから、焼き上げまでの待ち時間に散策してみるのもおすすめですよ!


沖縄関連書籍を扱う「市場の古本屋ウララ」

市場の古本屋ウララ

雨の日に心を豊かにしてくれる魅力的なスポットとして「市場の古本屋ウララ」へ赴いてみるのも一つの選択肢です。第一牧志公設市場の向かいに佇むこの書店は、こじんまりとした店内に素敵な本がたくさん詰まっています。

とくに沖縄関連の書籍が豊富で、その土地ならではの歴史や文化に触れながら旅の思い出を深めることができるでしょう。小説家のエッセイや詩集なども幅広く展示され、訪れるたびに新たな発見があります。

店名市場の古本屋ウララ
住所〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-3-1(市場中央通り)
営業時間11:00~17:00
定休日日・火曜日
アクセス国際通りからドン・キホーテ横の市場本通りに入り、牧志公設市場を通りすぎて左手側にあります。
公式サイトhttps://urarabooks.ti-da.net/


沖縄ならではの食材が集まる「第一牧志公設市場」

第一牧志公設市場

那覇市民の台所としても、観光スポットとしても有名な第一牧志公設市場は2023年3月にリニューアルオープン。

1階には精肉・鮮魚・果物店といったテナントが入っていて、アオブダイ、イラブチャーなどの色鮮やかな魚や、チラガー(豚の顔)など本土ではなかなか見かけない食材が並んでいます。

2階には10店舗以上の飲食店があり、1階で食材を購入して調理してもらうこと(持ち上げ)も可能です。

施設名那覇市第一牧志公設市場
住所沖縄県那覇市松尾2-10-1
営業時間8:00~22:00(店舗で異なります)
※2階食堂ラストオーダー 20:00
定休日毎月第4日曜日 (12月は毎日営業 )
正月、旧正月、旧盆(店舗で異なります)
アクセスゆいレール牧志駅より徒歩9分・美栄橋駅より徒歩10分
公式サイトhttps://www.makishi-public-market.jp/


沖縄の定番観光スポット「国際通り」

国際通り

全長約1.6㎞ある国際通りは、昼も夜も国内外の観光客で賑わう沖縄の代表的な観光スポットです。

この通りには雑貨店やおみやげ店、食堂、居酒屋、レストラン、ホテルなど、さまざまな店舗や施設が立ち並び、ショッピングを楽しむことができます。美味しい沖縄料理や地元の特産品を堪能しながら、賑やかな雰囲気のなかで観光を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ゆいレール(沖縄都市モノレール)の牧志駅や県庁前駅からすぐの場所に位置しており、アクセスも非常に良好です。


歴史・文化・芸術を楽しめる「沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)」

沖縄県立博物館・美術館

那覇市おもろまち駅から徒歩10分の距離に位置する沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)は、博物館と美術館が融合した県内最大の文化施設です。

博物館では自然、文化、歴史など幅広いテーマを網羅的に紹介し、美術館では沖縄の作家や沖縄にゆかりのある作家たちの優れた作品が数多く展示されています。

施設内にはミュージアムカフェもあり、店内に飾られているアート作品を鑑賞しながらのんびり過ごすこともできます。

施設名沖縄県立博物館・美術館
住所〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
開館時間火・水・木・日|09:00-18:00(入館は17:30まで)
金・土|09:00-20:00(入館は19:30まで)
休館日・毎週月曜日|ただし、月曜日が祝日及び振替休日又は慰霊の日の場合は開館し、その翌平日が休館。
・メンテナンス休館|2023年6月28日(水)~7月6日(木)まで
・年末年始|2023年12月29日(金)~1月3日(水)まで
アクセスゆいレールおもろまち駅より徒歩約15分
公式サイトhttps://okimu.jp/


さまざまな飲食店が立ち並ぶ「国際通りのれん街」

国際通りのれん街

雨を気にせず、昼飲みやはしご酒が楽しめる場として人気を集めているのが国際通りのれん街です。

国際通りのれん街ビルは、2階、1階、地下1階と3つのフロアに広がり、「コザ横丁」「国際通り横丁」「那覇市場」「琉球横丁」「竜宮通り社交街」「フードサーカス」といった6つのエンターテイメントスペースが設けられています。

各エリアは異なる雰囲気やテーマを持っているので、お好きなシチュエーションで美味しい料理を堪能しましょう。

沖縄が発祥といわれている「せんべろ」を実施している店舗も多いですよ。

施設名国際通りのれん街
住所〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-2-30 リウボウ商事本社ビルB1~2F
営業時間店舗によって異なります。
アクセスゆいレール牧志駅より徒歩約6分
公式サイトhttps://kokusaidori-norengai.com/


昔ながらの沖縄を感じられる「大衆食堂ミルク」

雨の日に心温まる食事を楽しみたいなら、「大衆食堂ミルク」がおすすめです。

外から店内の様子が見えないため入りにくさも感じますが、勇気を出して扉を開けると初めての人でもどこか懐かしいアットホームな雰囲気に包まれます。

メニューは、沖縄そばやゆし豆腐、ゆし豆腐そば、豆腐チャンプルーなど沖縄家庭料理を中心に約50種類。

このお店は市場周辺で働く人や市場に通う常連客が多いので、温かい料理を味わいながら地元の人たちの日常風景も垣間見えることでしょう。

店舗名大衆食堂ミルク
住所〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目10−20
営業時間10:00-19:30
定休日日曜日
アクセスゆいレール牧志駅より徒歩約11分


沖縄のローカルファストフード「Jef(ジェフ)」

沖縄生まれのファストフード「Jef(ジェフ)」は、地元の食材にこだわり新鮮で美味しいものを提供しているお店です。

年間を通して提供されるメニューの半数以上が地産地消メニューでないと認められない「おきなわ食材の店」にも登録されており、地元生産者との協力関係が感じられます。

代表的なメニューは『ゴーヤーバーガー』や『ぬーやるバーガー』ですが、ほかにも『チーズバーガー』『テリヤキバーガー』などスタンダードなメニューも揃っているのでゴーヤーが苦手な方でも安心です。

なお、ジェフ-サンライズ那覇店は平和通り商店街から徒歩5分ほどの場所(アーケード街内)にあるため、周辺散策の休憩場所として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

このお店は市場周辺で働く人や市場に通う常連客が多いので、温かい料理を味わいながら地元の人たちの日常風景も垣間見えることでしょう。

店舗名Jef(ジェフ) サンライズ那覇店
住所〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1丁目1−5
営業時間9:00-20:00
アクセスゆいレール牧志駅より徒歩約11分
公式サイトhttps://jefokinawa.co.jp/category/item/


雨の日の那覇観光でよくある質問

雨の日に子ども連れでも楽しめるスポットはありますか?

シーサーの絵付け体験(所要時間の目安60分程)や、シーサー作り体験(所要時間の目安60~90分程)は親子で楽しめる屋内型の体験アクティビティとして人気です。

国際通り(平和通り商店街入口)から徒歩約3分の場所にある工房ちゅらうみ家には、ほかにも貯金箱作りや時計作りといった体験メニューがございますので、ぜひ一度遊びに来てみてください♪

体験メニューの詳細・アクセス方法は工房ちゅらうみ家公式サイトからご確認いただけます。

沖縄は雨の日でも海に入れるの?

波が高い日や、大雨の日には遊泳禁止になることがほとんどです。

多少の雨で透明度が失われることはありませんが、沖縄は突然のスコール(短時間で雨が勢いよく降る)に見舞われることもあります。

しっかり管理されている海水浴場では遊泳禁止のアナウンスが流れたり、旗が上がったりするので必ず指示に従うようにしてください。

那覇空港周辺で、雨の日にも遊べる場所はある?

雨の日に那覇観光をするのであれば、お土産品や食堂・レストラン・居酒屋などが軒を連ねている国際通り周辺がおすすめです。

とくに、平和通り商店街・むつみ橋通り・市場通りはアーケードで繋がっており傘を差さずに歩けるようになっているので、のんびり食べ歩きやお土産選びを楽しめると思います。